手前部分しか引き出さない引き出しのスライドレールの選定について

LAMP印の家具建築金物・産業機器用 機構部品メーカー

お客様サポート・よくあるご質問
  • 文字サイズ
  • S
  • M
  • L
  • No : 1677
  • 公開日時 : 2020/07/22 14:10
  • 印刷

手前部分しか引き出さない引き出しのスライドレールの選定について

引き出しの可動域よりも短い範囲で出し入れすることが多いのですが、使用上問題はないですか
全開で使用できる引き出しだが、引き出すのは手前だけのことが多い
引き出しの手前部分しか使わないが、念のため全開仕様のスライドレールを取り付けたい
カテゴリー : 

回答

引き出す長さにあったスライドレールをお選びください。 
スライドレールは全開と全閉が基本の動きとなるため、可動域の途中で動きを止める操作を続けるとクリープ現象が発生しやすくなります。 
※クリープ現象とは、スライドレールが移動距離よりも狭い範囲しか動かなくなる現象のことです。クリープ現象は強制的に全開位置まで引っ張ることにより解消できます。衝撃を与えすぎると破損の原因になりますのでご注意ください。 
 
スライドレールの選定は、製品検索画面の絞り込み項目をご利用ください。スライドレールの移動距離や耐荷重、スガツネならではの付加機能などから絞り込みが可能です。 
 
製品一覧はこちら
 

アンケート:ご意見をお聞かせください

TOPへ