LAMP印の家具建築金物・産業機器用 機構部品メーカーのFAQサイト

お客様サポート・よくあるご質問

『 ラッチ・キャッチ 』 カテゴリ内のFAQ

61件中 1 - 10 件を表示

1 / 7ページ
  • マグネットキャッチの吸着力の目安と使用場所について

    目安として、「3kgf」以内であれば家具の扉などで使用されています。 家具などで3kgfを超えると強く感じる方が多いです。 色々な用途により、使い分けてください。 詳細表示

    • No:1139
    • 公開日時:2020/09/02 10:11
  • マグネットキャッチの選び方

    吸着力、取付の向き、本体のサイズなど使用用途に合わせて選定してください。  選定の際は、スガツネットの絞り込み検索機能をご利用ください。  家具金物・建築金物のマグネットキャッチ選定はこちら  産業機器用 機構部品のマグネットキャッチ選定はこちら  詳細表示

    • No:1750
    • 公開日時:2020/08/05 15:58
  • マグネットキャッチの吸着力が弱いのですが

    マグネットキャッチの吸着力には、ばらつきがあります。 受座の材料、表面処理、板厚、使用温度、マグネットとの接触状態によって吸着力が変わりますので 吸着力が気になる場合は事前に現品にてご確認ください。 詳細表示

    • No:2066
    • 公開日時:2020/08/19 15:50
  • マグネットキャッチの吸着力とは

    マグネットキャッチやマグナロックが、取付面に吸着する力を指します。  例えば、カタログに吸着力が「3kgf」と記載がある場合、3kgf未満の力で引っ張っても離れないということです(受け座側の条件によって異なることもあります)。 詳細表示

    • No:1806
    • 公開日時:2020/08/05 14:57
  • ボールキャッチのキャッチ力を調整したい

    ステンレス鋼製ストロングボールキャッチBCTS-85Jは、キャッチ力の調整が可能です。 ※その他のボールキャッチは調整不可です。製品にすりわり部がありますが、回さないでください。 詳細はこちら 詳細表示

    • No:1742
    • 公開日時:2020/08/21 16:50
  • サテン仕上とはどんな仕上げですか

    サテン仕上とは、金属の表面に方向性のある短い筋目を入れ、艶消し面にする仕上げです。 絹(サテン)の布地に質感が似ていることから、サテン仕上といいます。 サテン仕上に対し、筋目が長い場合はヘアライン仕上といいます。 詳細表示

    • No:3995
    • 公開日時:2020/09/09 17:22
  • プッシュラッチの解除ストロークとは

    プッシュラッチの解除ストロークとは、ラッチを解除するための押し込み寸法です。 解除ストローク分ラッチを押し込むと、反発してラッチが扉を押し出します。 解除ストロークが確保されていないと、扉を押し込んでも開きません。 家具金物・建築金物 プッシュラッチの一覧はこちら 産業機器用 機構... 詳細表示

    • No:2074
    • 公開日時:2020/08/19 15:54
  • マグネットキャッチの磁石と受座が直接当たっても大丈夫ですか

    マグネットキャッチで、磁石と受座が直接当たってしまうと、磁石の破損につながります。 ヨークが受座に納まる位置に取り付けてください。 家具金物 建築金物 マグネット関連部品の一覧はこちら 産業機器用 機構部品 マグネット関連部品の一覧はこちら 詳細表示

    • No:2111
    • 公開日時:2020/08/19 17:08
  • マグネットは錆びますか

    ネオジム磁石は錆びますので、防錆処理(ニッケルめっきなど)を施しています。 フェライト磁石、サマコバ磁石は錆に強い特性があります。 なお、マグネットキャッチのヨーク部は主にSPCC(鋼)かSUS430を使用しております。 弊社では、防錆性に優れたマグネットキャッチがあります。錆が発生しやすい環境... 詳細表示

    • No:2069
    • 公開日時:2020/08/19 15:53
  • UL94規格とは

    UL94規格とは、装置および器具部品のプラスチック材料燃焼試験で、材料の燃えにくさの度合いを表す規格です。 難燃グレードは、各製品の詳細にてご確認ください。 UL94の規格に適合したプラスチックを使用した製品一覧 家具金物・建築金物 産業機器用機構部品 詳細表示

    • No:4541
    • 公開日時:2020/10/19 16:56

61件中 1 - 10 件を表示

TOPへ