配線孔・空気孔・投入口

LAMP印の家具建築金物・産業機器用 機構部品メーカー

お客様サポート・よくあるご質問
  • 文字サイズ
  • S
  • M
  • L

『 配線孔・空気孔・投入口 』 カテゴリ内のFAQ

35件中 11 - 20 件を表示

2 / 4ページ
  • プラスチック空気孔APM型、APB型の「スリット」とは

    プラスチック空気孔APM型、APB型のスリットとは、空気が行き来するための線状の孔です。 両製品とも、細いスリットのため、小さな虫の侵入を防げます。 なお、空気流通面積はスリットの合計面積を示します。 詳細表示

    • No:4022
    • 公開日時:2020/09/14 17:04
  • アルミ合金製横長空気孔G61型についているフックの使い方

    アルミ合金製横長空気孔G61型についているフック(針金)は製品陳列に使います。 製品を取り付ける際にはフックは不要ですので、外してください。 詳細はこちら 詳細表示

    • No:3951
    • 公開日時:2020/09/14 11:11
  • 配線孔キャップV60型V80型の使い方を教えてほしい

    配線孔キャップV60型V80型は、蓋の一部(a部)を引き抜くと外せるので、そこを開口として使います。 引き抜いた蓋の一部は、蓋本体(b部)の裏側にはめることができ、紛失を防げます。 なお、蓋全体を枠から外せば、大きな開口となります。 詳細はこちら 詳細表示

    • No:3944
    • 公開日時:2020/09/14 11:08
  • ブラシ付き配線孔のブラシの役割とは

    ブラシ付き配線孔で、ブラシは目隠しの役割があります。 配線を通したときも、ブラシが配線と孔の隙間を埋めるので、孔の奥が見えにくくなります。 配線孔の中を見せたくないときは、ぜひご選定ください。 ブラシ付き配線孔の一覧はこちら 詳細表示

    • No:3940
    • 公開日時:2020/09/09 14:51
  • ベンチレーターは高温・低温環境下で使えますか

    スガツネがラインアップしているベンチレーターは、高温・低温環境下での使用は想定していません。  基本的に、常温の環境下での使用を想定した製品になっています。  ※特に、空気の流通量を調整するダイヤルに樹脂パーツを使用しているタイプ  温度変化を伴う特殊な環境で使用される際は、試作・検証の... 詳細表示

    • No:5240
    • 公開日時:2021/07/20 15:10
  • 調節式ベンチレーターのダイヤルは外せますか

    調節式ベンチレーターのダイヤルは、かしめて固定されているため、取り外すことはできません。  ダイヤルのないタイプのベンチレーターもご用意しています。  以下も併せてご検討ください。  ベンチレーターのラインアップはこちら 詳細表示

    • No:4784
    • 公開日時:2021/01/29 14:06
  • ブラシ付き配線孔のブラシを取外したい

    ブラシ付き配線孔のブラシを取り外すことは、基本的にできません。 ブラシは蓋に固定されており、不意に外れないようになっています。 孔の内部を隠す、ほこりの侵入を防ぐといった機能が得られなくなるので、外さずに使用いただくことをお勧めします。 ブラシ付き配線孔の一覧はこちら 詳細表示

    • No:4585
    • 公開日時:2020/11/04 17:05
  • ヘッダー付パックとは

    ヘッダー付パックとは、店頭販売しやすいよう、吊るせる個包装のことです。 詳細表示

    • No:4556
    • 公開日時:2020/10/28 17:30
  • 配線孔キャップ LSU60SとLS60Sの違い

    配線孔キャップ LSU60SとLS60Sは、はめ込む部分の高さ(H寸法)が異なります。 LSU60Sの方がLS60より高さが低いです。  詳細はカタログをご覧ください。  詳細はこちら 詳細表示

    • No:4391
    • 公開日時:2020/10/16 13:47
  • 配線孔キャップ LSU60型とLS60型の違い

    配線孔キャップ LSU60型とLS60型の違いは、挟み込んで取り付ける板の適応板厚の違いです。 LSU60型:適応板厚 12~18mm LS60型:適応板厚 18~24mm 詳細はこちら 詳細表示

    • No:4389
    • 公開日時:2020/10/16 13:43

35件中 11 - 20 件を表示

TOPへ