LAMP印の家具建築金物・産業機器用 機構部品メーカーのFAQサイト

お客様サポート・よくあるご質問
  • 文字サイズ
  • S
  • M
  • L

『 ファスナー・締結部品 』 カテゴリ内のFAQ

14件中 1 - 10 件を表示

1 / 2ページ
  • サテン仕上とはどんな仕上げですか

    サテン仕上とは、金属の表面に方向性のある短い筋目を入れ、艶消し面にする仕上げです。 絹(サテン)の布地に質感が似ていることから、サテン仕上といいます。 サテン仕上に対し、筋目が長い場合はヘアライン仕上といいます。 詳細表示

    • No:3995
    • 公開日時:2020/09/09 17:22
  • DIRAKのワンタッチ取付製品の外し方が知りたい

    DIRAKのワンタッチ取付製品は、指・ドライバー・専用工具を使用して取り外します。  製品によって取り外し方が異なりますので、詳細はカタログをご覧ください。  ワンタッチ取付(DSTシリーズ)製品一覧はこちら 詳細表示

    • No:3975
    • 公開日時:2020/09/09 14:14
  • ヘアライン仕上とはどんな仕上げですか

    ヘアライン仕上とは、金属の表面に方向性のある長い筋目を入れ、艶消し面にする仕上げです。 長い筋目が髪の毛のようであることから、ヘアライン仕上といいます。 ヘアライン仕上に対し、筋目が短い場合はサテン仕上といいます。 詳細表示

    • No:4016
    • 公開日時:2020/09/09 17:21
  • 鏡面研磨とはどんな仕上げですか

    鏡面研磨とは、ステンレス鋼など耐食性のある金属の表面を、鏡のような光沢になるまで磨く仕上げです。 研磨剤を付けた「バフ」を回転させ、製品を研磨すると鏡面研磨となります。 詳細表示

    • No:3991
    • 公開日時:2020/09/09 14:06
  • 振動に強いレバー付ファスナーが欲しい

    振動に強いレバー付ファスナーが必要な場合は、三方向キャッチボルトタイプの使用をご検討ください。  一般的なファスナーは、一方向しか締結できないため振動で外れてしまいますが、  三方向キャッチボルトタイプのファスナーは、デッドボルト機構により三方向(上下・左右・前後)からの揺れを  しっかりおさえ... 詳細表示

    • No:3977
    • 公開日時:2020/09/09 14:13
  • アルマイト処理とは

    アルマイト処理とは、アルミニウムの表面を電気化学的に酸化させて保護膜を生成させる処理です。 アルミニウムは柔らかい材料で傷つきやすいので、アルマイト処理によって耐摩耗性を高めています。 弊社では、シルバー、ブロンズ、ブラック、ステンレス調などさまざまな見た目、カラーのアルマイト処理を施した製品がありま... 詳細表示

    • No:4050
    • 公開日時:2020/09/16 11:40
  • DSTシリーズとは

    DSTシリーズは、「ディラク スナップ テクノロジー」シリーズの略称です。  ネジ、ナット、平座金、ワッシャなどが一切不要で、溶接レス、省施工を実現するDIRAK社のワンタッチ取付部品シリーズです。  DSTシリーズを使えば組み立て作業の習熟が不要で、誰もが簡単に組み立てられるため、作業の単純化、効率... 詳細表示

    • No:4047
    • 公開日時:2020/09/16 11:24
  • 南京錠が取り付けられるファスナーはありますか

    南京錠を取り付けるための穴付きのファスナーは以下になります。 詳細はこちら 南京錠はこちらをご使用ください 詳細表示

    • No:4032
    • 公開日時:2020/09/14 17:06
  • ダルクロムめっきとはどんな仕上げですか

    ダルクロムめっきの「ダル」は英語で「鈍い」を意味し、ダルクロムめっきは光沢の無い仕上げです。 鏡面のような光沢のあるクロムめっきと比べ、落ち着いた雰囲気の仕上げです。 詳細表示

    • No:3984
    • 公開日時:2020/09/09 14:11
  • DIRAKのジョイントファスナーは扉のキャッチとして使えますか

    DIRAKのジョイントファスナーやフレキシブルファスナーを扉のキャッチとして使用するのは、弊社の想定する使用方法ではありませんので、現物にて検証の上ご使用ください。  詳細表示

    • No:3974
    • 公開日時:2020/09/16 17:29

14件中 1 - 10 件を表示

TOPへ