知識・その他

LAMP印の家具建築金物・産業機器用 機構部品メーカー

お客様サポート・よくあるご質問
  • 文字サイズ
  • S
  • M
  • L

『 知識・その他 』 カテゴリ内のFAQ

274件中 1 - 10 件を表示

1 / 28ページ
  • ソフトモーションとは

    ソフトモーションとは、蓋や扉の閉じ際・開き際のスピードを抑えて、ゆっくりと動く機構のことです。  粘性体による抵抗でスピードを低減させます。  ゆっくりと蓋や扉が閉まっていくため、指を挟む心配や「バタン」と閉まる不快な音を軽減します。  使用例として、病院などの壁面収納式の情報端末や、セルフサー... 詳細表示

    • No:4398
    • 公開日時:2020/10/16 14:16
  • 付属品と別売品とオプション品の違いは

    弊社での、付属品と別売品とオプション品の違いは以下の通りです。 【付属品】  製品本体に付属されている部材(ねじや受座など)です。  【別売品】  製品本体を機能させるために必要な部材ですが、製品本体には付属されないため、本体とは別に注文していただく必要があります。 ... 詳細表示

    • No:3725
    • 公開日時:2020/08/26 16:15
  • スライド丁番とは

    スライド丁番とは、家具の内部に取り付け、扉を開閉するための部品です。  軸が外に露出せず、開閉時に隣の扉に干渉しにくい多軸構造です。  5段階ダンパー内蔵、重量用、ワンタッチ取り付け、ガラス扉対応など、さまざまな仕様をご用意しております。  製品検索では、絞り込み項目にて扉の条件に適した製品を絞... 詳細表示

    • No:4582
    • 公開日時:2020/11/04 16:59
  • 折れ戸とは

    折戸とは、開いたときに折りたたむような形になる戸のことです。  開口に対して複数の戸で間仕切り、戸と戸の間を丁番で連結します。  クローゼットのような家具扉に折戸を使用すると、引戸に比べて開口部が広くとれるため、物の出し入れがしやすくなります。  弊社では、用途に応じて様々な折戸をご用意... 詳細表示

    • No:4482
    • 公開日時:2020/10/16 15:33
  • ガラスショーケース金物GS-Gシリーズとは

    ガラスショーケース金物GS-Gシリーズとは丁番や錠前を統一したデザインで、トータルコーディネートできるガラスショーケース用金物です。  フラットでシャープなデザインのため大切な展示品の価値を損ねず、金物が目立たないショーケースを創れます。  回転軸に丁番の溝をはめ込むと扉が枠に一時的に保持されるため、... 詳細表示

    • No:4207
    • 公開日時:2020/09/30 13:12
  • ガラス用金物の自動閉止範囲・フリー範囲・ソフトクローズ範囲の違いとは

    扉の動きがそれぞれ異なります。  自動閉止範囲   扉の重量を利用して、扉が自動的に閉まります。 フリー範囲   扉から手を離すとその場で扉が静止します。 ソフトクローズ範囲   一定の角度からダンパーの力でゆっくり扉が閉まります。 詳細表示

    • No:2036
    • 公開日時:2020/08/19 10:56
  • 吊り元(つりもと)とは

    吊元とは、開き扉の丁番がついている側を指します。  扉を手前に引いて開く側から見て、丁番の位置が右側の場合は右吊元、左側の場合は左吊元になります。  詳細表示

    • No:4033
    • 公開日時:2020/09/09 15:41
  • ユニークモーションとは

    ユニークモーションとは、複数の軸とアームを組み合わせ、1つの軸で動かすよりも多彩な軌跡を生み出す動きのことです。  【製品例】  フラット扉金物 :開き扉の開閉に比べて手前への出っ張りが少ないため、前のスペースが狭い場所でも開閉可能です。  スライド丁番 :かぶせ扉でも吊元側が内側に動き... 詳細表示

    • No:4409
    • 公開日時:2020/10/28 17:27
  • 自動ドアと自動閉止引戸とソフトクローズ引戸の違いを教えてください

    ・自動ドア 扉の開閉を手動ではなく電気などの動力によって行う扉のことです。 弊社には引戸タイプはありませんが、フラット可動間仕切り金物には一部電動のものがあります。 ・自動閉止引戸 上レールが傾斜しているため、手を離しても扉がゆっくりと自動で閉まります。 ただし扉を開く動作は... 詳細表示

    • No:461
    • 公開日時:2020/04/24 15:03
  • アウトセット、全かぶせとは

    枠に扉が重なる(かぶさる)納まりを指します。別名「かぶせ」と表現されることもあります。  扉を閉めた際に扉が枠に重なることにより、枠は正面から見えなくなります。 (以下のイラストに使用している丁番は、スライド丁番です) 詳細表示

    • No:999
    • 公開日時:2020/06/23 20:05
    • 更新日時:2020/08/26 16:53

274件中 1 - 10 件を表示

TOPへ