LAMP印の家具建築金物・産業機器用 機構部品メーカー

お客様サポート・よくあるご質問

『 錠前・鍵 』 カテゴリ内のFAQ

96件中 21 - 30 件を表示

3 / 10ページ
  • デッドボルトとは

    デッドボルトとは、鍵の施解錠時に連動して動く閂(かんぬき)のことです。鍵やサムターンと連動して動きます。    詳細表示

    • No:4270
    • 公開日時:2020/10/07 15:46
  • ヘアライン仕上とはどんな仕上げですか

    ヘアライン仕上とは、金属の表面に方向性のある長い筋目を入れ、艶消し面にする仕上げです。 長い筋目が髪の毛のようであることから、ヘアライン仕上といいます。 ヘアライン仕上に対し、筋目が短い場合はサテン仕上といいます。 詳細表示

    • No:4016
    • 公開日時:2020/09/09 17:21
  • シリンダー錠のブランクキーの購入は可能ですか

    シリンダー錠のブランクキーの販売はしておりません。  詳細表示

    • No:4472
    • 公開日時:2020/10/16 15:25
  • オールロックALS3310型のロックピンが引き出しに届かない

    オールロックの連動バーから引き出しまでの寸法をご確認の上、  ロックピンの先端に別売品の「剣先ピン ALS-KP」を差し込んでください。  ※スライドレールを使用した場合は、ロックピンの長さが足りなくなるので剣先ピンが必要になります。 詳細表示

    • No:1857
    • 公開日時:2020/08/05 15:28
  • ガラス扉への加工が不要なガラス用の鍵はありますか

    ガラス扉への加工が不要なガラス用の錠前は、以下製品をご検討ください。 ガラス錠ハウジング 1271-200、1271-300  シリンダーガラス錠 14-09-555型(両開き扉用)  シリンダーガラス錠 14-09-520型(片開き扉用) ガラス錠MKL-2100-D 詳細表示

    • No:1520
    • 公開日時:2020/09/02 09:26
  • 錠前・鍵 デッドボルトが2段階出るタイプのメリットは何ですか

    海外製品に多い仕様で、防犯上有利になります。 その他にも、デッドボルトが長く出るため隙間が広くなってしまったところにも使えるなどの良さがあります。 詳細表示

    • No:495
    • 公開日時:2020/05/11 14:51
  • 面付シリンダー錠 2550型・2650型の外筒を回転させる方法

    面付シリンダー錠 2550型・2650型の外筒を回転させる方法は下記の通りです。 チェンジプレートねじを緩めて外す 外筒を時計回りに90°回転させる チェンジプレートねじを再度締める 面付シリンダー錠 2550型 2650型 詳細表示

    • No:4439
    • 公開日時:2020/10/16 15:03
  • 鍵の種類:パゴダ型とは

    鍵のパゴダ型とは、「寺院の塔(PAGODA)」のような独特な形状で、簡単に複製ができない防犯性の高い鍵です。  また、パゴダロックはタンブラー前後方向の位置を精密に合わせなければ解錠できない特殊な構造となっております。  製品一覧はこちら  詳細表示

    • No:4178
    • 公開日時:2020/09/30 11:14
  • シリンダープッシュ錠の2100Mと2110Mの見分け方

    シリンダープッシュ錠の2100M型と2110M型の違いは、  施錠時に「キー」が必要か、必要でないか、です。  2100M型は、キーなしで、本体を軽くプッシュするだけで施錠できます。  2110M型は、キーを差し込み、押し込みながら回すことで施錠できます。 詳細表示

    • No:4953
    • 公開日時:2021/03/19 17:32
  • 両開き扉錠XL-GC01型は、上下方向の推奨取付位置はありますか

    両開き扉錠XL-GC01型の上下方向の取付位置には決まりはありませんが、  中央近辺に取り付けて頂くことを想定しております。  扉の上側もしくは下側に寄せて取り付ける場合は、以下にご注意ください。  切り欠き形状のガラス加工が必要なため、ガラスの縁からある程度離してください。詳細はガ... 詳細表示

    • No:4722
    • 公開日時:2021/01/12 14:59

96件中 21 - 30 件を表示

TOPへ