ドロップ丁番とミシン丁番の違い

LAMP印の家具建築金物・産業機器用 機構部品メーカー

お客様サポート・よくあるご質問
  • 文字サイズ
  • S
  • M
  • L
  • No : 4217
  • 公開日時 : 2020/10/07 13:50
  • 更新日時 : 2020/12/04 09:49
  • 印刷

ドロップ丁番とミシン丁番の違い

回答

ドロップ丁番とミシン丁番の違いは、仕様の違いと開閉角度です。 
共通しているのは、木用で、開いた際に木板(扉)と木板(底板)をフラットにしたいという点です。
 
【ドロップ丁番】
ドロップ丁番の開閉角度は90°です。扉を90°閉じた際にかぶせ仕様になります。 テレビボードなど家具の下開き扉に取り付けると綺麗に納まります。下開きの扉にステーと併用しての使用をお勧めしています。 
 
【ミシン丁番】
ミシン丁番の開閉角度は180°です。90°で止めた場合、かぶせ仕様にはなりません。 ミシン台の天板のような折りたたむ蓋や扉に最適です。 
 
 

アンケート:ご意見をお聞かせください

TOPへ